シャンパンについて

2009年6月 8日 09:41 | コメント(0) | トラックバック(0)

シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方で取れたブドウを使い、法律に定められた製法に従って造られたスパークリングワイン(発泡性ワイン)のこと。シャンパーニュ地方で造られたものしかシャンパンと呼ぶことはできません。これ以外のフランス産の発泡性ワインは「ヴァン・ムスー」などと呼ばれます。ちなみにドイツ産は「ゼクト」、イタリア産は「スプマンテ」と呼ばれています。
シャンパンに使われている主なブドウの品種は、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネの3種類。
シャンパンは、同じブドウ産地やメーカーでも、糖の添加量によって甘さが異なります。糖の添加量とラベルの表記との対応表は以下の通り。
Extra Brut~極辛口0~6gL
Brut~辛口6~15g
Extra Sec~中辛口12~20gL
Sec~中甘口17~35gL
Demi Sec~甘口33~50gL
Doux~極甘口50~gL
ドンペリ、クリュッグ、ヴーヴ・クリコ、ボランジェ、ルイ・ロデレール、テタンジェ、サロン、モエ・シャンドン、ポメリーなどのシャンパンは、全てシャンパーニュ地方のスパークリングワインのことです。高級なものは数十万円もしますね。
シャンパンのほとんどは白ワインと同じ色ですが、まれにロゼ・シャンパンもあります。ロゼ・シャンパンの生産は非常に難しく、生産量も少ないため、値段も高価で、市場でもあまり目にすることはないようです。

 

 小顔矯正はできる  熟年離婚  痛風
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

ワインについて
ワインは近年人気が高まっているお酒です。ワインをネタにした番組や記事も目にするようになりましたし、毎年秋になると「ボジョレー・ヌーヴォー」というワイン名をあちこちで耳にしますね。ワイン専門の店も増えてきました。
世界のワインの産地
ワインの生産地は、年間平均気温が10~20℃の北緯30~50度、南緯20~40度に集中。この範囲の60カ国以上の国でワインが製造されています。
イタリアワインの特徴
イタリアワインは種類が多く、1,000種以上と言われています。その中から1本を選ぶというのは難しいですね。どれにしていいかわからないというときは、イタリアワインの王と言われている「バローロ」、イタリアでもっともポピュラーな「キャンティ」、口当たりがすっきりしている「ソアヴェ」のいずれかを選べば間違いがないでしょう。
フランスワインの産地と特徴
フランスワインの産地は以下の12の地区に分けられています。フランスのそれぞれの産地とワインの特徴を、北から順に見てみましょう。
ボジョレーヌーヴォーとは
各地のワイン通の人達が競って解禁日に飲めるよう取り寄せたことから、世界各地でもお祭り気分で解禁日に飲むことを楽しむように。現地では、ブドウの収穫祭の役割も果たしている、お祭り的なワインです。
シャンパンについて
シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方で取れたブドウを使い、法律に定められた製法に従って造られたスパークリングワイン(発泡性ワイン)のこと。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yosinc.com/mt2/mt-tb.cgi/138

コメントする

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する