フランスワインの産地と特徴

2009年6月 8日 11:35 | コメント(0) | トラックバック(0)
ワイン激安通販の河内屋のイチオシ!TV番組の芸能人格付チェックで15万円のドンペリに勝利!4年...

 

フランスワインの産地は以下の12の地区に分けられています。フランスのそれぞれの産地とワインの特徴を、北から順に見てみましょう。
・シャンパーニュ地方
この地方で造られたスパークリング・ワインだけがシャンパンを名乗れる。モンターニュ・ド・ランス地区、ヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区、コート・デ・ブラン地区が有名。
・アルザス地方
ライン川とヴォージュ山脈に挟まれた南北100kmの地域で栽培。全体の95%が辛口白ワイン。濃厚で香り豊かなワインが人気。AOC名が地域名でなくブドウの品種名で、リースリング、ゲヴュルツトラミネール、ピノ・グリ、ミュスカ、シルヴァーネル、ピノ・ブランのどれかが単独で使用されている。
・ロワール地方
ロワール川沿岸一帯に位置してし、白ワインを中心に赤、ロゼ、スパークリング・ワイン、極辛口、極甘口など、ほとんど全ての種類のワインを生産。アンジュー&ソーミュール地区ではロゼワインの生産が主だが、白ワインや発泡性ワインも人気がある。トゥーレーヌ地区では良質の白ワインや発泡性ワインが造られ、中でもシノン村はロワール地方を代表する赤ワインを産出。
・ジュラ
スイスとの国境近くにある約2000haの地域で、このうちAOCは約1500haの産地。
この地方独特のワインが生産される。最も有名なAOCはアルボワでロゼ・ワインを中心に、赤、白、ヴァン・ジョーヌ、ヴァン・ド・パイユが産出されている。独特な風味のあるヴァン・ジョーヌを造っているシャトー・シャロンは有名。
・ブルゴーニュ地方
ボルドーと双璧をなすフランスの銘醸ワイン産地。複数のドメーヌ(ブドウ畑の所有者)で畑を分割所有しているケースが多く、こういったドメーヌでは栽培、醸造、瓶詰めまでを一貫して行うので、同じ畑名でもドメーヌの個性が出ている。主な生産地としては、ブドウの風味が香るフルーティーな赤ワインが産出されるボージョレ地区、新鮮であざやかなワインが産出されるマコネー地区、口当りのいい赤ワインが産出されるコート・シャロネーズ地区、穏やかな赤ワインと良質な白ワインが産出されるコート・ド・ボーヌ地区、高品質な熟成型赤ワインを産出するコート・ド・ニュイ地区、繊細な辛口白ワインを産出するシャブリ地区が有名。
・サヴォワ
レマン湖の岸とローヌ川、イーゼル川沿いに点在する約1500haの産地。白ワインが全体の70%を占め、残りは赤とロゼを生産。
・ボルドー地方
AOCワインを95%産出し、フランス全体のAOCワインの約3分の1を占めるワインの銘醸地。主な生産地は、赤ワインの代表的産地であるメドック地区、なめらかな味わいの赤ワイン、辛口の白ワインを産出するグラーヴ地区、シャトー・ディケムで世界的に有名な貴腐ワインが造られるソーテルヌ地区、個性的なワインが産出されるサンテミリオン地区、特有の香気を持つ深紅色のワインを造り出す、ポムロール地区が有名。
・コート・デュ・ローヌ地方
ローヌ川流域に沿って南北200kmにわたる地域。主な生産地は、力強いコクのあるワインを産出する北部のコート・ロティ地区、クローズ・エルミタージュ地区、エルミタージュ地区、コート・デュ・トリカスタン地区、アルコール度の高いスパイシーなワインを産出するジゴンダ地区、シャトーヌフ・デュ・パプ地区などがある。
・南西部
ブドウ畑はガロンヌ川およびその支流の流域とピレネー山麓の2つに分かれる。主な生産地は、タンニンが多く十分なコクとはっきりした個性を持つ「黒いワイン」を産出しているカオール地区、バスク地区、ベアル地区、ペリゴール地区が有名。
・ラングドック・ルーション地方
43万ha以上に及ぶ世界最大の生産地。フランスのテーブルワインの3分の1を産出。AOCクレレット・ド・ベルガルドという白ワイン生産しているガール地区、品質の高い赤ワインを産出するミネルヴォワ地区、コルビエールとフィトー地区、濃厚な赤ワインなどが造られているルーション地区、フランス最古のスパークリング・ワインを産出するリムーなど。
・プロヴァンス地方
コート・ダジュール一帯に位置。酸味のやわらかい辛口ワインを産出するカシス地区。熟成向きワインを産出するバンドール地区が有名。
・コルス
地中海に浮かぶ島。個性の強い赤ワイン、ロゼ・ワイン、少量の白ワインが生産されている。赤は香りが強くフル・ボディで、白ワインは果実味あふれるフレッシュなタイプで、どちらも早飲みに適している。

 

 中高年の転職  飲食店の開業
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

ワインについて
ワインは近年人気が高まっているお酒です。ワインをネタにした番組や記事も目にするようになりましたし、毎年秋になると「ボジョレー・ヌーヴォー」というワイン名をあちこちで耳にしますね。ワイン専門の店も増えてきました。
世界のワインの産地
ワインの生産地は、年間平均気温が10~20℃の北緯30~50度、南緯20~40度に集中。この範囲の60カ国以上の国でワインが製造されています。
イタリアワインの特徴
イタリアワインは種類が多く、1,000種以上と言われています。その中から1本を選ぶというのは難しいですね。どれにしていいかわからないというときは、イタリアワインの王と言われている「バローロ」、イタリアでもっともポピュラーな「キャンティ」、口当たりがすっきりしている「ソアヴェ」のいずれかを選べば間違いがないでしょう。
フランスワインの産地と特徴
フランスワインの産地は以下の12の地区に分けられています。フランスのそれぞれの産地とワインの特徴を、北から順に見てみましょう。
ボジョレーヌーヴォーとは
各地のワイン通の人達が競って解禁日に飲めるよう取り寄せたことから、世界各地でもお祭り気分で解禁日に飲むことを楽しむように。現地では、ブドウの収穫祭の役割も果たしている、お祭り的なワインです。
シャンパンについて
シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方で取れたブドウを使い、法律に定められた製法に従って造られたスパークリングワイン(発泡性ワイン)のこと。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yosinc.com/mt2/mt-tb.cgi/140

コメントする

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する