イタリアワインの特徴

2009年6月 8日 11:39 | コメント(0) | トラックバック(0)
【送料無料】イタリアワイン 第3弾! 厳選飲み比べ6本セット

 

イタリアはフランスと並ぶ世界最大のワイン生産国です。イタリアの地形は南北に長く、多くの地域でブドウが栽培されており、どこに行ってもワインが造られていると言えるほど。それぞれの地域で個性的なワインが造られており、ワイン好きには魅力的な国と言えそうですね。
それでは、地域別にワインの特徴を見てみましょう。
・北部山麓地域
北にアルプス、西側はフランスに接している。世界的に有名な長期熟成型の重いタイプのワインが造られ、酸味もボディも厚めなのが特徴。主な産地は、ヴァッレ・ダオスタ州、ピエモンテ州、ロンバルディーア州、トレンティーノ・アルト・アディジェ州、ヴェネト州、フリウーリ・ヴェネツィア・ジューリア州の6州。特にピエモンテ州で生産される赤ワイン「バローロ」はワインの王様と呼ばれる最高級品。
・中央部
ポー川流域の平野部。気楽に飲めるフルーティな味のワインが多い。エミーリア・ロマーニャ州が産地。
・アドリア海沿岸
アルコールが高く、酸味がおとなしいのが特徴。南に行くほど長熟タイプが多くなる。主な産地は、マルケ州、アブルッツオ州、モリ-ゼ州、プーリア州。
・ティレニア海沿岸
西はティレニア海に臨み、東はアペニン山脈がそびえる。山と海に囲まれた地形からさまざまなブドウが作られるため、味もバラエティに富んでいる。果実の風味に富みアルコールと酸のバランスがよい。産地はリグーリア州、トスカーナ州、ウンブリア州、ラツィオ州、カンパーニア州、バジリカータ州、カラーブリア州の7州。有名なのがトスカーナ州で、素晴らしいワインが多く造られている。
イタリアワインは種類が多く、1,000種以上と言われています。その中から1本を選ぶというのは難しいですね。どれにしていいかわからないというときは、イタリアワインの王と言われている「バローロ」、イタリアでもっともポピュラーな「キャンティ」、口当たりがすっきりしている「ソアヴェ」のいずれかを選べば間違いがないでしょう。

 

 ラベンダー  バナナダイエット  パワーストーン
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

ワインについて
ワインは近年人気が高まっているお酒です。ワインをネタにした番組や記事も目にするようになりましたし、毎年秋になると「ボジョレー・ヌーヴォー」というワイン名をあちこちで耳にしますね。ワイン専門の店も増えてきました。
世界のワインの産地
ワインの生産地は、年間平均気温が10~20℃の北緯30~50度、南緯20~40度に集中。この範囲の60カ国以上の国でワインが製造されています。
イタリアワインの特徴
イタリアワインは種類が多く、1,000種以上と言われています。その中から1本を選ぶというのは難しいですね。どれにしていいかわからないというときは、イタリアワインの王と言われている「バローロ」、イタリアでもっともポピュラーな「キャンティ」、口当たりがすっきりしている「ソアヴェ」のいずれかを選べば間違いがないでしょう。
フランスワインの産地と特徴
フランスワインの産地は以下の12の地区に分けられています。フランスのそれぞれの産地とワインの特徴を、北から順に見てみましょう。
ボジョレーヌーヴォーとは
各地のワイン通の人達が競って解禁日に飲めるよう取り寄せたことから、世界各地でもお祭り気分で解禁日に飲むことを楽しむように。現地では、ブドウの収穫祭の役割も果たしている、お祭り的なワインです。
シャンパンについて
シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方で取れたブドウを使い、法律に定められた製法に従って造られたスパークリングワイン(発泡性ワイン)のこと。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yosinc.com/mt2/mt-tb.cgi/141

コメントする

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する