ワインについて

2009年6月 8日 11:44 | コメント(0) | トラックバック(0)
【送料無料】<第19弾>金賞ワインも入って1本当たり756円!赤・白・泡5本のワイン福袋お試しセ...

 

ワインは近年人気が高まっているお酒です。ワインをネタにした番組や記事も目にするようになりましたし、毎年秋になると「ボジョレー・ヌーヴォー」というワイン名をあちこちで耳にしますね。ワイン専門の店も増えてきました。
ではワインとは正確にはどのような飲み物を言うのでしょうか?
ワインとは、一般的にはブドウの果汁を発酵させた果実酒を言い、ブドウ酒とも言われています。しかし広義には、果物を醸造したアルコール飲料の全部をワインと言うので、リンゴから造った「シードル」もワインということになりますし、イチゴや洋なしで造られたワインもあります。もちろん圧倒的に多いのがブドウを原料とするワインであることは言うまでもありません。
ブドウには適度な糖分と酸が含まれ、皮には自然の酵母が付いているため、つぶして置いておくだけで自然に発酵してお酒になります。つまりブドウは最もお酒になりやすい果物と言えます。
日本のワイン消費量は約23万6000キロリットル、成人一人当たりの消費量は年間2.3リットル。
ワインの消費量を地域別に見ると、全体の消費数量の46.5%が関東地方で、近畿が15.9%、中部が14.5%。都道府県別では、東京都が圧倒的に多く1位、次いで2位大阪、3位神奈川、4位埼玉、5位北海道、6位千葉、7位愛知、8位兵庫、9位福岡、10位静岡の順になります。
日本人のワイン消費量は、フランスやイタリアの成人一人当たりの年間消費量(約50~60リットル)と比べるとまだまだ少ないと言えます。しかし、嗜好の多様化や女性がお酒を飲む機会が増えたことなどもあり、ワインの消費量は今後も伸びていくことでしょう。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

ワインについて
ワインは近年人気が高まっているお酒です。ワインをネタにした番組や記事も目にするようになりましたし、毎年秋になると「ボジョレー・ヌーヴォー」というワイン名をあちこちで耳にしますね。ワイン専門の店も増えてきました。
世界のワインの産地
ワインの生産地は、年間平均気温が10~20℃の北緯30~50度、南緯20~40度に集中。この範囲の60カ国以上の国でワインが製造されています。
イタリアワインの特徴
イタリアワインは種類が多く、1,000種以上と言われています。その中から1本を選ぶというのは難しいですね。どれにしていいかわからないというときは、イタリアワインの王と言われている「バローロ」、イタリアでもっともポピュラーな「キャンティ」、口当たりがすっきりしている「ソアヴェ」のいずれかを選べば間違いがないでしょう。
フランスワインの産地と特徴
フランスワインの産地は以下の12の地区に分けられています。フランスのそれぞれの産地とワインの特徴を、北から順に見てみましょう。
ボジョレーヌーヴォーとは
各地のワイン通の人達が競って解禁日に飲めるよう取り寄せたことから、世界各地でもお祭り気分で解禁日に飲むことを楽しむように。現地では、ブドウの収穫祭の役割も果たしている、お祭り的なワインです。
シャンパンについて
シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方で取れたブドウを使い、法律に定められた製法に従って造られたスパークリングワイン(発泡性ワイン)のこと。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yosinc.com/mt2/mt-tb.cgi/143

コメントする

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する